おうちで手作り手ごねパン生活

シンプルな材料を使ったパンの作り方を紹介します。パン作り初心者向けのレシピです。

Menu

  1. リスドォルの特徴
  2. リスドォルを使ったパンのレシピ

リスドォルの特徴

 リスドォルはフランスパン用の準強力粉です。軽くパリッとした食感のクラスト(パンの耳)、モッチリとしたクラム(中のふわふわした部分)が特徴的です。1965年に日清製粉株式会社が、当時ドンクで働いていたピエール・プリジャン氏やフィリップ・ビゴ氏と共同開発した粉です。当時はふわふわの食パンやお菓子パンが主流だったようで、当時のパン職人達は初めて見る本物のフランスパンにとても感動したらしいです。
 実際、外カリ中フワで言えば、フランスパンに勝るものはないように思います。食パンを作るための粉(ゴールデンヨット、カメリヤなど)では、あそこまで外カリになることはないです。フランスパン特有のものですね。
 このフランスパンを作るために作られたのが、リスドォルです。フランス国立製粉学校の教授レイモン・カルヴェル氏指導のもと日本で手に入る小麦粉のみを使って作られたらしいです。フランス産の小麦が入っていないにもかかわらず、フランスパンを作ることが出来るようになり、日本人も在日フランス人の方々も非常に喜んだようです。小麦が一部自由化された現代に於いてもリスドォルの評価は高く、準強力粉といえばリスドォルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
 素人でもおいしく焼けるので、軽い食感が好みの方には特におすすめする粉のひとつです。おいしくて値段も安いので、我が家も常備しています。

リスドォル 2...

リスドォル 2…
価格:810円(税込、送料別)

リスドォルを使ったパンのレシピ

  1. ミニフランスパン


記事が役に立ったと思った方はポチッとお願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
無料DE手ごねパンレシピ
人気ブログランキングへ
人気のお菓子・パンレシピ
トラックバックURL

ページ上部に