おうちで手作り手ごねパン生活

シンプルな材料を使ったパンの作り方を紹介します。パン作り初心者向けのレシピです。

パン本体をつくる主材料と、パンの味や食感、色を良くするために使う副材料があります。

小麦粉

小麦にふくまれるたんぱく質に水を加えこねることにより、弾力と粘着性をもったグルテンが形成されパンの骨組みとなります。

もっと詳しく

イースト

活動(発酵)をすると炭酸ガスやアルコール類を発生させます。この炭酸ガスによりパンはふくらみ、アルコール類の働きにより香りや風味を与えます。

もっと詳しく

材料を溶かしてつなぎあわせる働きをします。

もっと詳しく

発酵のしすぎを抑えて引き締め、生地のコシを強くします。また生地の雑菌を抑える働きもします。

もっと詳しく

ページ上部に